予防歯科

お口の健康維持に、「予防歯科」
という最善の選択肢

お口の健康維持に、「予防歯科」という最善の選択肢

虫歯や歯周病は、放置していても治りません。ですが、治療をすればもとの健康状態に戻るかというとそうではありません。負担の大きな治療を行えばその分のダメージが歯に蓄積し、歯の寿命を縮めることにつながるからです。歯の寿命を縮めないためには、何よりも「虫歯・歯周病にならないように予防する」ことが重要になります。

お口の健康維持に、「予防歯科」という最善の選択肢

保土ヶ谷区和田町の歯医者「ファミーユデンタルクリニック」では、定期検診・ブラッシング指導・PMTC・噛み合わせチェックなどの豊富な予防歯科メニューをご用意しています。治療後の予後観察のためにクリニックから来院を促す「リコール」のご案内も行っていますので、ぜひお口の健康維持にお役立てください。

お口のトラブルは未然に防ぎましょう

予防歯科はなぜ大切なの?

予防歯科はなぜ大切なの?

治療を受けることで、見た目や噛む機能を回復することはできます。しかし、そのまま放置すればいずれ再発する可能性が高まりますし、治療をしたとしても歯にはダメージが残ってしまいます。再発と再治療を繰り返せば、確実に歯の寿命を縮めることにつながります。

見た目、食事、会話など、生活のさまざまな面に影響を与える大切な歯。生涯にわたって健康で快適に暮らすために、予防歯科でしっかりと自身の歯を守りましょう。

予防歯科のメリット
虫歯・歯周病の予防 虫歯・歯周病になりにくい口腔内環境を保ち、もし病気にかかっても早期発見・早期治療が可能になります。
痛みの軽減 ひどい痛みが出る前に治療でき、初期段階なら治療時の痛みも少なく済みます。
治療のための負担軽減 治療にかかる時間や費用は、治療がおおがかりになるほど増えてしまいます。予防に取り組むことで、そういった負担を軽減できます。
海外と日本の予防意識の違い

残念ながら、現在の日本は「歯科後進国」と言わざるを得ません。予防歯科が浸透している歯科先進国のスウェーデンでは、定期検診の受診率が80%以上。一方の日本は、10%未満です。その結果、スウェーデンでは80歳時点の歯の平均残存数が約20本なのに対し、日本はわずか8本という明確な差が出ています。

国名

スウェーデン

スウェーデン

アメリカ

アメリカ

イギリス

イギリス

日本

日本
定期検診を受ける習慣がある人の割合 90% 80% 70% 2%
80歳における平均残存歯数 20本 17本 15本 8本

スウェーデンでは高齢になってからも自分の歯を維持し、会話や食事を楽しんでいる方がとても多くいます。日本でももっと予防歯科が浸透し、多くの方が生涯にわたって自分の歯で食事や会話を楽しめるようになることを願います。

予防歯科メニュー
定期検診 プラークの染め出し
定期検診

お口の専門家の目で、口腔内環境のチェックを行います。わずかな変化も見逃すことなく、トラブルがあれば早期に対応。簡単な治療で済ませることができます。

プラークの染め出し

歯に残っているプラークを赤く染め出し、みがき残しが多い場所をチェックします。正しいブラッシングに活かしましょう。

ブラッシング指導 PMTC
ブラッシング指導

患者様お一人おひとりに合ったブラッシング方法をアドバイスします。

PMTC

専用器具を使用して、ブラッシングだけでは除去しきれない歯と歯ぐきや歯と歯の間に付着した汚れを取り除きます。虫歯・歯周病だけでなく、口臭の予防効果も期待できます。

噛み合わせチェック
噛み合わせチェック

噛み合わせの乱れは虫歯・歯周病のリスクを高め、骨格の歪みなどにつながることもあります。噛み合わせは生活の中で変化するため、定期的なチェックをおすすめします。

予防歯科のご相談・診療予約はこちらから

ページTOPへ