歯周病

歯ぐきが腫れる、血が出る……
それ、歯周病のサインかも

歯ぐきが腫れる、血が出る……それ、歯周病のサインかも

日本の成人のうち、約80%が罹患している、もしくはその予備軍だとされている歯周病。初期段階では自覚症状がほとんどなく、そのまま進行すればやがて歯を失ってしまう可能性があるのが歯周病の特徴。歯周病は、とても怖いお口の病気なのです。

歯ぐきが腫れる、血が出る……それ、歯周病のサインかも

保土ヶ谷区和田町の歯医者「ファミーユデンタルクリニック」では、患者様お一人おひとりの状態に合わせ、最適な歯周病治療をご提案しています。こちらでは、当院の歯周病治療について詳しくご紹介します。

歯周病は気づかないうちに進行します

歯周病の原因

歯周病の原因

歯周病は、プラークに潜む歯周病菌が原因となって起こります。感染症のため、口腔内環境が悪化すると病気が進行しやすくなります。直接的な原因は歯周病菌が出す毒素ですが、食生活・ブラッシング・ストレス・喫煙など、生活の中のさまざまな要素が歯周病の進行に深く関わっています。

歯周病の原因

また、初期段階では自覚症状がほとんどないというのも歯周病の怖いところ。気づいたときにはかなり進行しているという可能性もあります。重度になれば負担の大きな治療が必要になり、やむなく抜歯となることも……。そうならないよう、予防と早期発見・早期治療に努めることが大切です。

歯周病の進行段階
歯肉炎
歯肉炎 状態
歯周ポケット(歯と歯ぐきの隙間)内部のプラークに潜む歯周病菌によって、歯ぐきに炎症が起きています。自覚症状はほとんどありません。
治療方法
正しいブラッシングの継続と、歯科医院でのスケーリング(スケーラーと呼ばれる専用器具でプラークや歯石を除去する処置)を行います。
軽度歯周炎
軽度歯周炎 状態
歯周ポケットがさらに深くなり、より奥までプラークが付着しています。歯ぐきからの出血・口臭などの症状があり、歯槽骨が溶けはじめています。
治療方法
スケーリングに加え、歯の表面をツルツルにしてプラークの再付着を防ぐルートプレーニングという処置を行います。
中等度歯周炎
中等度歯周炎 状態
歯周ポケットがさらに深くなり、さらに歯槽骨が溶けている状態です。歯のグラつきを感じるようになります。
治療方法
歯周ポケットの奥に付いた歯石を除去します。それでも改善が難しい場合は、歯ぐきを切開して歯根の歯石を除去する「歯周外科手術」を行います。
重度歯周炎
重度歯周炎 状態
歯槽骨が半分以上溶け、歯のグラつきがひどくなります。また、歯ぐきから出る膿によって口臭がひどくなります。さらに放置すると、歯が抜け落ちます。
治療方法
スケーリング・ルートプレーニング・歯周外科手術で歯石を除去し、必要に応じて顎の骨を再生させる「歯周組織再生治療」を行います。
当院の歯周病検査

歯周病治療では、まずお口の状態を正確に把握することが重要です。当院では、以下の方法で歯周病検査を行います。

ポケット検査 歯の動揺度検査
当院の歯周病検査

歯周ポケットの深さを測定する検査です。ポケットが深いほど歯周病が進行しています。

当院の歯周病検査

ピンセットで歯をつかみ、歯の動揺度(グラつき)をチェックする検査です。歯の揺れが大きいほど歯周病が進行しています。

レントゲン検査
レントゲン検査

レントゲンを撮影し、歯槽骨の状態を確認する検査です。歯槽骨が多く溶けているほど、歯周病が進行しています。

当院の歯周病治療
スケーリング ルートプレーニング
スケーリング

スケーラーという専用器具を使用し、歯と歯・歯と歯ぐきの間に付着したプラークや歯石を除去します。

ルートプレーニング

スケーリングでは落とせない歯根部分のプラーク・歯石を除去します。最後に、歯の表面をツルツルにしてプラークの再付着を防ぎます。

歯周病治療のご相談・診療予約はこちらから

ページTOPへ