痛くない治療への取り組み

もう終わったの?そんな
「痛くない治療」を目指します

もう終わったの?そんな「痛くない治療」を目指します

「歯医者が苦手」「歯医者は怖い」などと思っている方のほとんどは、「歯医者=痛い」というイメージを持っておられるのではないでしょうか? しかし、きちんと設備を整え、患者様の気持ちに寄り添って治療を行えば、「痛くない治療」は可能です。

もう終わったの?そんな「痛くない治療」を目指します

保土ヶ谷区和田町のファミーユデンタルクリニックでは、「MI治療(ミニマルインターベンション治療)」と呼ばれる歯や歯周組織へのダメージを最小限に抑えた治療――なるべく神経を取らない治療・抜かない治療――を実践し、苦手な方が多い麻酔時の痛みにも配慮しています。こちらでは、「できるだけ痛くない歯科治療」の取り組みをご紹介します。

なるべく痛くない治療をご提供します

痛みを感じる仕組みとは

痛みを感じる仕組みとは

「歯医者」「痛い」という言葉から、麻酔を思い浮かべる方も多いと思います。麻酔の針を刺すと、その瞬間に皮膚にあるセンサーが痛みを感じ取り、刺激が電気のように末梢神経から精髄神経を通って脳まで伝えられ、そこではじめて「痛い」と認識されます。これが、私たちが感じている痛みのメカニズムです。中には帯状疱疹のあとの神経痛のように、外傷ではなく神経そのものが痛んで発生するケースもあります。

痛みを感じる仕組みとは

そして、痛みの原因はもうひとつあります。いわゆる「心因性の痛み」と呼ばれるもので、身体・神経にはそれほど問題がないにもかかわらず、痛みを感じてしまうケースです。たとえば「麻酔は痛い(怖い)」という思いが強いストレスになることで、実際の痛み以上に「痛い」と感じてしまうことがあります。

このような痛みのメカニズムを知れば、患者様の痛みを抑える方法は自ずと見えてきます。当院では麻酔時の痛みを抑え、「麻酔は痛い(怖い)」という強いストレスを取り除くことで、患者様に安心して受けられる歯科治療をご提供しています。

痛くない治療のためのこだわり
表面麻酔

表面麻酔

表面麻酔薬を塗布することで歯ぐきの表面を麻痺させ、麻酔針が刺さる瞬間の鋭い痛みを感じにくくします。

電動麻酔器

電動麻酔器

急激に麻酔液を注入すると細胞が膨張してしまうため、痛みを感じる原因となります。当院では電動麻酔器を使用し、一定の速度でゆっくりと麻酔液を注入することで痛みを軽減しています。

細い注射針

ごく細い針を使用することで、麻酔時の痛みが軽減されます。針が細ければ細いほど痛みは少ないため、当院では現在歯科用の麻酔針として使用されている中でもっとも細いタイプを採用しています。

なるべく神経を取らない・歯を抜かない
~MI治療~

なるべく神経を取らない・歯を抜かない

やむなく「神経を取る」「歯を抜く」という処置が必要なケースもありますが、一度抜いた神経や歯は二度ともとには戻りません。たとえば、削って詰める虫歯治療をしなければならないとしましょう。その際、大きく削れば虫歯の取り残しを防ぐことはできますが、「大きく削る処置」を何度か繰り返すうちに、最終的には歯冠の部分がなくなって抜歯することになるでしょう。

なるべく神経を取らない・歯を抜かない

当院ではできる限り削る量を少なくし、今ある歯をなるべく残すという「MI(ミニマルインターベンション)」の考え方を取り入れた歯科治療を行っています。「なるべく神経を取らない」「できるだけ歯を抜かない」という姿勢を徹底し、患者様のお口のダメージを軽減するというのが当院の治療方針です。

なるべく神経を取らない・歯を抜かない

症状が進行して状態が悪くなっているケースでは、まず治療にともなうリスクをしっかりとご説明し、患者様にご納得いただいた上でMI治療を進めています。ご納得いただかないまま治療を開始することはありませんので、ご安心ください。

お口のお悩みは、お気軽にご相談ください。

ページTOPへ