入れ歯治療

入れ歯治療で「痛い」「合わない」
「噛めない」を改善

入れ歯治療で「痛い」「合わない」「噛めない」を改善

失った歯の機能を補うために行う歯科治療(補綴治療)には、「インプラント」「ブリッジ」「入れ歯」の主に3種類があります。その中のひとつである「入れ歯」は、当院がもっとも自信を持っている治療です。保土ヶ谷区和田町の歯医者「ファミーユデンタルクリニック」には、昭和大学の講師を務め、入れ歯の豊富な経験と専門知識を有する歯科医師がいます。

入れ歯治療で「痛い」「合わない」「噛めない」を改善

当院の入れ歯治療では、保険診療・自費診療に関係なく患者様のご希望通りの治療を提供したいと考えています。お口の状態やライフスタイルに合った、使い心地のよい入れ歯をお作りしますのでご相談ください。

患者様お一人おひとりに合った入れ歯を

入れ歯治療のメリットとは?

保険診療の入れ歯なら費用を抑えて安価に作れます。自費診療の入れ歯なら、種類・素材・作製方法を自由に選んで「噛み心地」や「見た目」を追求できます。このように、選択肢の豊富さは入れ歯の大きな魅力です。

治療費 保険診療の場合は、かなり治療費を抑えることができます。自費診療の入れ歯は比較的高額になりますが、インプラント治療と比較すると安価です。
治療期間 入れ歯治療の場合、インプラント治療のような外科手術・治癒期間は必要ありません。そのため治療期間が短く、種類によって差はありますが、1ヶ月程度での装着も可能です。
適用可能な範囲 インプラント治療では重度の糖尿病・心疾患・肝臓疾患といった全身疾患がある方は治療を受けられないことがあります。しかし、入れ歯治療ならあらゆる状態の患者様に適用可能です。
噛み合わせ 患者様のお口に合った最適な入れ歯を作ることで、しっかり噛める、理想的な噛み合わせを実現することができます。
保険と自費の入れ歯の違い
  保険診療の入れ歯 自費診療の入れ歯
見た目 保険診療の入れ歯 自費診療の入れ歯
素材 床部分の素材がレジンに限定されます。部分入れ歯の場合には、金属のバネを使って固定します。 多くの種類から、自由に素材を選択することができます。
構造 可能な構造の範囲が限られています。 最新の技術・さまざまな構造から選択することができます。
見た目 入れ歯だということがわかりやすく、目立ちます。 より自然な見た目に仕上げることが可能です。
違和感 厚み・大きさがあるため、違和感が生じやすくなります。 薄く作ることが可能な素材を使用すると、違和感を少なくすることができます。
機能性 硬い物を食べるときに、噛みにくさを感じることがあります。 よりよい噛み心地・噛む力を追求することができます。
熱伝導性 食べ物の温度があまり伝わりません。 金属素材を使用すると、食べ物の温度が伝わりやすくなります。
修理 強度は低いですが、修理は比較的容易です。 使用する素材によっては、修理が難しい場合があります。
入れ歯の種類
レジン床義歯(総入れ歯・部分入れ歯)

レジン床義歯(総入れ歯・部分入れ歯)

歯ぐきを覆う床部分にレジン(歯科用プラスチック)を使用した入れ歯で、保険診療となります。部分入れ歯の場合には、金属のバネを使って歯に入れ歯を固定します。レジン床は厚さ・大きさがあるため、装着感はあまりよくありません。

ノンクラスプデンチャー(保険外治療 120,000円~300,000円)

ノンクラスプデンチャー

高い弾力性を持つ素材を使った、金属のバネを使用しない自費診療の入れ歯です。素材がやわらかいためしっかりフィットし、周囲の歯に負担がかかりません。また、バネがないため見た目も目立ちません。

金属床義歯
(保険外治療 コバルト…300,000円/チタン…400,000円)

金属床義歯

床部分が金属素材で作られた自費診療の入れ歯です。レジン床より軽くて薄く、食べ物の温度が伝わりやすいことが大きな特徴です。使用する金属には、金合金・コバルトクロム・チタンなど、さまざまな素材があります。

オプション
マグネットデンチャー(保険外治療 1個100,000円)

マグネットデンチャー

残存している歯根に金属でできたキャップを取り付け、入れ歯にはめ込んだ磁石の力で入れ歯を固定する治療法です。小さめに作ることができるので違和感が少なく、安定感もあります。また、残っている歯への負担も軽減できます。

シリコンデンチャー(保険外治療 50,000円)

シリコンデンチャー

歯ぐきに触れる部分を生体用シリコンで覆った入れ歯です。シリコンには弾力性があるため吸着性が高く、噛んだときの負担も軽減されます。しっかりフィットするため、入れ歯と歯ぐきの間に食べ物がはさまりにくいという特徴もあります。

メインテナンスについて

メインテナンスについて

自分の歯と同様に、入れ歯も日々のメインテナンスを欠かさず清潔に保つことが大切です。食事のあとは入れ歯を水ですすぎ、汚れを落とすようにしましょう。水ですすいだだけで汚れが落ちなければ、入れ歯専用のブラシでやさしくブラッシングします。天然歯用の歯磨き粉を使うと研磨剤によって入れ歯が傷つくため、使用は控えてください。

就寝前には入れ歯を外して汚れを落とし、そのまま水に浸けておきます。このとき、入れ歯洗浄剤を使用すると、より清潔な状態にすることができます。

メインテナンスについて

お口の中の状態は日々変化していくものです。そのため、作ったときにはぴったり合っていた入れ歯でも、生活していく中で徐々に合わなくなってしまうこともあります。自分ではその変化に気づかないケースもありますので、使用感に問題がなくても、定期的に歯科医院で入れ歯のメインテナンスを受けることをおすすめします。

入れ歯治療のご相談・診療予約はこちらから

ページTOPへ