小児歯科

小児歯科でお子様の歯を
虫歯から守りましょう

小児歯科でお子様の歯を虫歯から守りましょう

子供の乳歯は大人の歯よりやわらかいため虫歯になりやすく、一度虫歯になると進行が早いという特徴があります。「虫歯になっても、乳歯はいずれ生えかわるから」と考えている方もおられますが、実は、乳歯の虫歯は将来の口腔内環境に大きく影響することがわかっています。

小児歯科でお子様の歯を虫歯から守りましょう

お子様がずっと健康な歯で食事や会話を楽しむためには、乳歯のころからしっかりと予防・ケアしておくことが大切です。保土ヶ谷区和田町の「ファミーユデンタルクリニック」では、そんなデリケートなお子様の歯を虫歯から守るメニューをご用意しています。まずは歯医者に慣れ親しんでもらうところからゆっくり治療を進めていきますので、歯医者がはじめてのお子様も安心してお連れください。

お子様の歯の健康を守るために

お子様が虫歯になってしまう原因とは?

産まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には、虫歯菌が存在しません。それでは、なぜお子様が虫歯になってしまうのでしょうか? それは、以下のような行為によって大人の持つ虫歯菌がうつってしまうからです。

  • 大人が噛んだ食べ物の残りを子供に与える
  • 食事の際にスプーン・箸・皿などを共有する
  • 口にキスをする
  • 子供の手に大人が口をつける
  • 哺乳瓶の乳首に大人が口をつける
  • 大人の咳やくしゃみが子供にかかる

このような行為をできるだけ避けること、そして周囲の大人たちが自身の口腔内環境をきれいに保っておくこと。この2つを心がけることで、お子様が虫歯菌に感染してしまうリスクを軽減してあげましょう。

まずは「歯医者は怖くない」と
知ってもらいましょう

まずは「歯医者は怖くない」と知ってもらいましょう

お子様にとって、慣れない歯医者の雰囲気や臭い、音などはやはり怖いと思います。そんな慣れない空間でいきなり治療を行えば、お子様が歯医者嫌いになってしまうかもしれません。そうなれば、抵抗感から今後必要な治療を受けられなくなってしまう可能性もあるでしょう。

まずは「歯医者は怖くない」と知ってもらいましょう

そのため当院では、まず歯医者に慣れてもらうことから治療をはじめるようにしています。歯科医師やスタッフがお子様としっかりコミュニケーションを取り、信頼関係を築いていきます。そして治療は優しくゆっくり、丁寧に。そうして「歯医者は怖くない」と知ってもらうことが、お子様のお口の健康を長く守っていくことにつながると考えています。

小児歯科メニュー
ブラッシング指導 フッ素塗布
ブラッシング指導

お子様のお口の状態はお一人おひとり違っています。ブラッシング指導ではお子様のお口に合ったブラッシング方法をアドバイスし、保護者の方には仕上げ磨きのポイントをお伝えしています。

フッ素塗布

フッ素には歯質を強化する効果があり、これを歯の表面に塗布することで虫歯への抵抗力を高めます。継続して塗布することで、虫歯予防の効果が高まります。

小児歯科のご相談・診療予約はこちらから

ページTOPへ