虫歯治療

歯が痛い・しみるなら
もしかして虫歯かも

歯が痛い・しみるならもしかして虫歯かも

虫歯はとてもよく知られたお口の病気であり、誰もが虫歯になる可能性があります。「歯が痛い」「しみる」といった症状があれば、それは虫歯かもしれません。和田町駅から徒歩3分の歯科医院「ファミーユデンタルクリニック」では、なるべく神経を取らない・歯を抜かない虫歯治療をご提案しています。

歯が痛い・しみるならもしかして虫歯かも

できる限り患者様へのご負担を減らし、痛みの少ない治療を――。当院では麻酔時に痛みを軽減する工夫や機器を取り入れています。虫歯は放っていても治りません。「虫歯かな?」と思ったら、お早めにご相談ください。

虫歯かな?と思ったときには
症状が進んでいるかも

虫歯の原因

虫歯の原因

虫歯菌はお口の中のプラークに棲みつき、糖分をエサにしながら酸を作り出します。この酸によって歯が溶かされてしまうのが虫歯です。虫歯菌を増やさない・活動させないためには、日々の正しいブラッシングでお口の中のプラークをしっかり取り除くことが大切です。

虫歯の進行段階と治療法
進行段階 症状 治療法
CO
ごく初期の虫歯
CO:ごく初期の虫歯
まだ自覚症状はありませんが、歯の表面にあるエナメル質が溶けはじめています。虫歯部分は白く濁って見えます。 適切なブラッシングやフッ素塗布で治癒することがあります。
C1
エナメル質の虫歯
C1:エナメル質の虫歯
歯のエナメル質がさらに溶け、虫歯部分は黒ずんで見えます。まだ自覚症状はありません。 虫歯になっている部分を削ってレジン(歯科用プラスチック)を詰めます。
C2
象牙質の虫歯
C2:象牙質の虫歯
歯の象牙質(内側部分)まで虫歯が進んでいます。甘いものや冷たいものがしみる、ときどき痛むといった自覚症状が出てきます。 虫歯になっている部分を削って、詰め物で補います。
C3
神経まで達した虫歯
C3:神経まで達した虫歯
歯の神経まで虫歯が進んでいます。何もしていないのにズキズキと激しく痛む、熱いものがしみるといった症状があります。 神経を取り除き、根管の内部を消毒して薬剤を詰め、被せ物で補います。
C4
歯根まで達した虫歯
C4:歯根まで達した虫歯
歯(歯冠)の大部分が溶け、歯根まで虫歯になっています。神経が死ぬと痛みはなくなりますが、歯根部に膿が溜まると再び激しく痛み出します。 多くの場合は抜歯となります。抜歯後は、入れ歯・インプラントなどの補綴治療を行います。
「なるべく痛みの少ない治療」に
取り組んでいます

特に苦手な方が多いのが、「麻酔時の痛み」。その痛みを軽減するため、当院では以下のような取り組みを行っています。

表面麻酔 針を刺す部分に麻酔液を塗って、麻酔針を刺すときの「チクッ」とする痛みを感じにくくします。
電動麻酔器 電動麻酔器を使用し、麻酔液を一定の圧力でゆっくりと注入します。
細い注射針 歯科用の非常に細い針を使用することで、麻酔針を刺した瞬間の痛みを軽減します。
実は虫歯ではなかった……というケースも

実は虫歯ではなかった……というケースも

虫歯以外が原因で「歯が痛い」「しみる」という症状が出ることもあります。中でも特に多いのが知覚過敏。「しみるから虫歯では?と思って来院したものの、実は知覚過敏だった」という患者様は珍しくありません。

知覚過敏は、神経に近い象牙質部分が露出し、刺激に弱くなっている状態で起こります。強すぎるブラッシングや歯周病の進行などが、その主な原因です。「なんだ、虫歯じゃないのか」と安心してしまいそうですが、知覚過敏も放置せず、気になる症状が続くようなら歯科医院へご相談ください。

虫歯から歯を守るために!予防に取り組みましょう。予防歯科について

虫歯治療のご相談・診療予約はこちらから

ページTOPへ